FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【9人目⑤】Iさん最終回
2回目の面接の後はもう聞きたいことも大体聞いてしまったし、私はスマホ(Iさんはパソコン)だったこともあり、当初より短文で日常についてのやり取りになってきました。

するとサイトメールの頃は気にならなかったメールの文章の温度差が気になってきました。

さらにIさんが話題膨らませてくれないので、毎回私が話題(と言っても季節の行事とか、天気がどうとかしょうもない話題でしたが…)出すのもめんどくさくなってきました(;^_^A

ちょっとだけメール晒します。
テンションの差を伝えたいので、ほぼ原文です。

『お疲れさまです!

(サンタがどうやって家に入ってくるかの話題から)
確かにその謎は付きまといますね(笑)大人になって北欧に本物のサンタクロースがいるって知った時はなんだか嬉しかったです。
ほのぼのと思いきや、このページ見たらなるのが大変すぎてびっくりしました!
【サンタになる方法のまとめサイトURL】

(最近寒いねの話題から)
私の家の近くはは今朝は路面が凍っていて原付に乗るのがヒヤヒヤでした~。
めっちゃゆっくり走りました(・・;)

そういえば、今さらですがIさんの方が年上なので敬語使わなくていいですよ~。
タメ語で大丈夫です!』




『こんばんは。

ページみました。サンタはいるんですね。結構大変みたい。

今日も寒かったですね。確かに朝は地面が凍っているところがありました。
原付はこういうときは危険ですね。気を付けてください。

はい。わかりました。
今週もお疲れ様でした。』



…うーん。。。

内容に対して返してはくれてるんだけど、、このメールに返信するのはきつい。。。
サンタいるみたい、って私書いてるじゃん。。

というかやっぱりメールのテンションが気になってしまう…(ー ー;)

タメ語にしてね☆に対して
『はい。わかりました。』って。

早速敬語やないかい!!!
タメ語のところ『結構大変みたい』の一文のみですよ。

ツッコミ待ちなの?ボケの練習?



たぶんIさんはこういう中身のない話、好きじゃないんだろうなぁ…

私はケータイからたわいもない話ができる人がいいなぁ…

あーもう次の話題考えるのめんどくさい!!

それまで1日1通くらいやり取りしていたのですが、週末を挟んだこともあり、返信をしたのは4日後になってしまいました。


すると、それまで規則正しく届いていたIさんからのメールも途絶えました。


あぁ、メールこんだけ盛り上がってないし、こないだの面接の食事の時も微妙だったし、フェードアウトかなぁ。

あのやる気のないメールはそういうことだったのか…。

でも私も同じ感じだったし、仕方ないな。

と納得した約2週間後、メールが届きました。


『色々ととても悩みましたが、連絡をとることをやめようと思います。申し訳ありません。』

他に会ったことに対する感謝と婚活頑張れということが書いてありました。



だよねー。

察してはいたものの、私はフェードアウトよりはっきりカットアウトしてくれた方が嬉しいです。

理由は私が感じていたのと同じ理由かもしれないし、私の下賎な性格だったかもしれないし、面接時に致命的な何かをやらかしたのかもしれないし、とりあえず2回会ってみたけど顔が好みじゃなかったのかもしれないし、全然違う理由かもしれないし、もう分かりませんが、私も同じように感じていたので、この時にはもうほとんど心残りがありませんでした。

はーい、了解☆

みたいな。


最初のメール時点では
「この人いい!運命の人かも!?でも万が一教授の妻になったら支えられるのかなぁ?」
と思ったり、友達に
「今度会う人大学の助手なんだよ~!すごくない?」
と盛り上がっていたのが、超恥ずかしい。



まぁ、こんなこともありますよね。Iさんは素敵な方だったけど、相性は重要です。

お互い意見が一致している上に、Iさんからお断りしてくれたので、すごく楽でした。

おそらくこのIさんへの冷めようと執着のなさはこの頃面接していたKさんが好み過ぎたことも理由にありました。


結論:平行大事。


相性は思ったほどではなかったけど、本当にお仕事にやりがいを持って頑張っている方だったので、ぜひ大学教授になってほしいです!


アカデミックIさん編 終わり。



拍手、ランキングアクセスしていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!
スポンサーサイト
【9人目④】Iさん2回目面接 映画デート編
待ち合わせから映画までは少し時間があったので、お茶をしました。

前から気になっていた駅前カフェに行けて嬉しかった☆

その前の週に大学の入学試験の監督をした話なんかを聞きました。

研究者とはいえ、そういう仕事もするのね。確かにうちの准教授の先生も雑用大変そうだったな~。

Iさんは雑用の方が本業より忙しいくらいと言っていました。

毎日深夜まで仕事な上に週1しかない休みが学校のオープンキャンパスで潰れるとか完全にブラック企業じゃないですかやだー。



まったりお話した後、目的の映画鑑賞へ。

海外のCGアニメって受け付けられなくて、食わず嫌いだったのですが、このアニメは本当に良かった…!

アクションあり、笑いあり、涙ありですっごく楽しめました!!

もう一度映画館で見たいとまで思いました(結局DVDですら見てないけど)

私もベ◯マッ●スほしいよー。

Iさんは金属フレームのザ・理系メガネだったのですが、映画見るときにセルフレームのメガネをかけてて、いいね!と思いました。

たぶん歴史物が見たかったIさんですが、「予想以上に面白かったです!」と言ってくれました!

よかったよかった。
まぁつまらなかった、とは言えないでしょうけど(^ω^;)



そして映画館の入ったモールでお粥を食べました。

ここでもそれなりに話したとは思うのですが、食べ終わってちょっとして、

もう話すことない…どうしよう…

と思ってしまいました。


これが私のダメなところなんですよね~。

1回目の面接は知らないことだらけなので、初対面の人でもそれなりに話せます。

でもプロフィールにあるような内容+αをひと通り聞いてしまうと、大抵話すことなくなってしまいます。

だからすぐにカラオケとかデートスポットに頼ってしまうのです(ー ー;)

ここで意識しなくても会話が続く人が波長が合うってことだと思うのですが、女友達でも正直一対一で会う自信がない子もいます(・ω<)

でも今は自然と続く人としか2人で会わないようになったので、あんまり困ることもないですけどね。女子は。


何度でも言おう。

婚活においては致命的であると。



まぁこの日は会ってから時間もそれなりに経っていたので、サクッと解散しました。

そこまでは普通に話せてたし、気まずくはなってない…たぶん。

Iさんの行動も特に問題なく、映画も当たりで楽しいデートだったはずなのですが、もっと話してたい!と思った前回とは気持ちが違うことに気がついてしまいました。


とは言え、前回の好感度90%から、好感度50%に落ちたくらいで、もしお誘いがあればまた行こう、というくらいの気持ちでした。


好感度100%とか好感度0%とかなかなかないから難しいですよね。



拍手、ランキングアクセスしていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!
【9人目③】Iさん初回面接 その2 とその後のやりとり
アカデミックIさんと初対面でカラオケへ。

スマホの会員登録ができずに受付でもたつき、結局非会員で入るっていうぐだぐだっぷりでしたw

Iさんも私と同じ、最近の音楽がわからない組の方だったので、遠慮せず昔のJPOPを入れまくり楽でしたw

Iさんの歌う歌も私にしては珍しく、ほとんど知らない曲がなくてすごく楽しかったです!

ミスチルとか、ザ・正統派JPOP。

なんだかんだ知ってる曲多い方が楽しいですよね~!

カラオケでの振る舞い(こっちが歌ってる時に乗ってくれるかとか)も特に気になる点もなくイイネ!って感じでした。ブログ的にはつまらないけど。

2時間ほど歌い、楽しかったので時間的に晩ご飯も行くか!?と思ったけど、さすがにやめておきました。


特筆すべき点がなさすぎて「初回面接その2」って書いたのにもう終わっちゃったw
ちょっと短いので、その後のやりとりを書きます。



面接後はIさんはパソコンから、私はスマホからメールをすることになりました。

私がLINEと携帯アドレス教えたのにパソコンからメールしてくるとはさすが理系男子。やるな。

ちょっとめんどくさい。って思っちゃってゴメンナサイ。。。



次の日に「来週日曜日また会いませんか?まだ何をするかは決めてませんが。」とお誘いをいただいたので、とりあえず一次面接は合格したようです。

しかもIさん、日曜しか休みないのに翌週誘ってくれるとか前向きじゃないですか!?

やったぁ!
Iさんに対して好印象だったので嬉しかったです。

まぁ週一しか休みないから、私の都合がつかない場合も考えて早めに誘ったのかもしれませんが…。


Iさんのメールでちょっとだけ気になったのが、「まだ何をするかは決めてませんが」の部分です。

何するか決めてない段階で誘うこと自体は私もよくあるし、全然構わないのですが、1回目の面接前のメールでもその文言があったので、わざわざつけなくても良くない!?と思ってしまいました。細かいですかね(=ω=;)

でもそれで嫌になったとかはなく、むしろ飾らない、正直な人なのかなぁと微笑ましく思いました。


その後のメールで、中間地点で映画に行くことに。

候補は歴史物とアニメ。

一応私が挙げたうちの1つのアニメも残してくれたけど、たぶんIさんの文面的に歴史物観に行きたいんだろうなぁ~。

でも私はそもそも歴史物に興味ない上に、レビューめちゃくちゃ悪い!

うーん…。



アニメの方にしちゃいました(・ω<)

だってこっちはヤ◯ー映画で大絶賛されてたんだもん!レビュー大事!

候補から2人で選んだんだから、問題ない…はず。

やっぱり最初のうちは相手の好みに合わせた方がいいんですかねー?でも楽しめない映画見たくないよ〜。


その後、待ち合わせ決めがギリギリになったので、チャットしながら決めようと思い、PCアドレスではなくLINEに送ったものの

ラインが既読にならずに先にPCアドレスから(PCアドレスに私が返信してないので)追撃がくる

というちょっとしたハプニングもありましたが、無事に集合できました。

後で聞いたところ、通知が来ない設定?になっていて、気づかなかったそうです。

研究の世界に身を置く人ともなるとLINEなんて軽薄なものはお使いにならないのね…。
とLINE好きの私はちょっと世界の違いを感じました(完全に好みだと思いますし、そんな大げさなものではないですよね)



押し切ったアニメはどうだったのか!?2回目映画デート編に続く。



拍手、ランキングアクセスしていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!
【9人目②】Iさん初回面接編 その1
Iさんとの初面接は中間地点でお茶でした!

この中間地点、数日前にも面接で行ってたので待ち合わせスポットの混雑具合を知っていました。

なので「改札前に◯◯の広告があるのでそこに集合しましょう!」期間限定広告を集合場所に。

私のことは面接マスターと呼んでくれたまえ(´ー`)フッ



珍しく早めについて喫茶店の混雑具合を確認~。

駅前は混んでいるだろうから、ネットで評判の良かった5分くらい先のところをセレクト☆

う~ん、混んでいるけどテーブル2、3席空いてるから、ギリいけるでしょ~。

さすが面接マスター。完璧だ。



いよいよIさんと合流です。

若干違う人をIさんと勘違いしかけましたが、無事合流。

颯爽とさっきのお店に誘導します。


…往復10分の間に席がいっぱいに。

うん、残り2、3席の時点でこの展開は読めたよね。

面接マスター修行が足りなかった(;_;)



Iさんも駅付近で探してみてくれたみたいですが、混んでいたということで少し離れたビルの喫茶店に入りました。

この喫茶店スイーツが美味しかった(*´∀`*)また行きたい(*´∀`*)

この一連の流れの間も、Iさんの対応はいい感じでした!

話しやすくて、私の求める感じ!


ムッツリコミュ症研究者ではなかったよ(失礼)

話し好きそうというか、自称お調子者というのもちょっとわかるw

私もお調子者なのでいいんじゃないの!?とメールから更にテンションアップ。

見た目も写真通りで特にギャップはありませんでした。
よく研究室にいた感じw



喫茶店ではメールの深堀りというか、Iさんの仕事の話や今の仕事に就くまでの経緯について聞いたことが印象に残ってます。

大変そうですが、すごくやりがいをもってお仕事されているようでした。

眩しい…!目が潰れる…!

パートになるのが夢でお金さえあれば今の仕事をやめたい私は、仕事好きな方にはちょっとだけ劣等感を感じてしまいます。

でもIさんは暑苦しすぎず、もともとの好印象もあって尊敬の一要素でしかありませんでした。

他にも私の話やIさんの趣味の話などを聞いて、それなりに盛り上がったかなと思います。


1時間半くらいいたでしょうか。

「待ってる人いるんで、そろそろ出ましょうか?」と私から切り上げます。


待ってる人いなければもっと話したかったなぁ…。

まだ時間も早いし…。


勇気を出して「もう少しお時間大丈夫ですか?」と誘い、カラオケに行きました。


これまでの面接記事、3人中3回の安定のカラオケ率!


たぶんこんなにカラオケ行きまくりじゃダメですよね?

みんなご飯とお茶以外って何してるんですかね?

仲良くない男性と買い物とかしたくないし…。車もダメとなるとカラオケしか思い浮かばない!/^o^\



思い浮かばないまま続く。



拍手、ランキングアクセスしていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!
【9人目①】アカデミックIさん メール編
ひさびさに新たな人の記事を更新します。

婚活で会った人の9人目に当たるIさんです!
※ちなみに面接相手の方の時系列と更新順はばらばらです。私が書きたい順です(^ω^;)



Iさんは3才年上でした。

私と同じ大学院卒なことと、私の家庭的な雰囲気(!?)に惹かれてメールをくれたそうです。

私は大学卒業後、2年間の修士課程までしか行っていないのですが、Iさんはその後3年間かかる博士課程まで卒業していて、普通の就職の後、大学の助手をされているという、アカデミックな環境の方でした。


分野も私の専攻とちょっとだけ近かったので、すごく興味をもってメールができました!

研究のこと、前職のこと、現職のことなど。

普段の生活の話なんかも話しやすくて、書きたいことがいっぱいありすぎて、メール短くするのが苦手なのでかなり長文と化してしまってました。


さらに自己PRの休日は彼女とこんなことをしたいです、という内容や求める家庭像とかも理想的な感じで好印象でした。

メール楽しいと割と会う前から好感もってしまう方です(盛り上がりすぎはあかん…!)


写真もメガネのザ・理系男子って感じで、可もなく不可もなく(失礼)という感じでした。

不可でなければやっぱり内面が大事ですよね!

面食いで惚れられないとか言ってたけど。それは短期決戦の話なので…ごにょごにょ


そして私がお話しした中では珍しく、結婚願望が強い方でした。

仕事が忙しいので、家庭を支えてくれる人が欲しいのと、子どもが好きなのでなるべくほしいとのことでした。

良妻賢母になれる自信はマイナスですが、プロフィールからは大事にしてくれそうな感じが漂っており、ますます好印象でした。

私はそんなに結婚願望強い方ではないけど、年齢的にやはり次で決めたいですからね。いくらいい人でも結婚願望ない人はリスキー。



上記の通り、メールがすごく楽しかったので、会う前からその段階で1番、気になっていました。

ただ、メールの口調がやたらと丁寧というか、かしこまっているところが気になりました。


私「わ〜、Iさんは◯◯が好きなんですね?私も好きですー!一緒ですね(*´∀`*)」

Iさん「はい。そうですね。昔から××をしていて◯◯が好きなんです。▲▲だからでしょうか。」

メールの内容は忘れたので文章は適当に書きましたw


この文章だけだと、堅さが伝わらないかもしれませんが、私の文章がだんだん砕けても、長文メールの全てにひとつも〜や!がない文章だったので、温度差wwって感じでした。
途中からは私が多少合わせて真面目な文章になってたと思います。

Iさんの場合、内容はすごく楽しかったので、あまり気になりませんでしたが、私はメールのノリも気にする方です。
文章の長さ、質問の有無、顔文字使うかどうか、とか。


男性でもここまでストイックな文章は珍しかったので、研究者をしているところと合わせて考えると、すごく堅物でコミュ症的な人な可能性もあるかなと。

まぁ実際は研究者もコミュ力必要ですし、偏見なのは重々承知ですが、平均としてみるとちょっと変わった方の比率は多いと思うんですよね。


プロフィールには明るくてお調子者って書いてあったので、その可能性は低いかなと思いつつ、この堅い文章でお調子者ってどゆこと!?と思いながら、面接をすることになりました。



つづく。



拍手、ランキングアクセスしていただけると大変励みになります。よろしくお願いします!
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。